はなまるうどん

スポンサーリンク

株主優待は、期限が切れるギリギリまで使わないで、取っておく主義のネズ妻です。貯めておくのが大好きな性格です。時々眺めて、数えて、金額に換算して、ニヤニヤしながら幸福感に酔いしれています。

小さい頃から性格が変わっていないようで、中学校の頃に親にもらったビール券やお米券がいまだにあります。使えるのかは不明ですが、まだ使わずに手元にあります。(逆にプレミアがついたりして・・・)

優待でお米券をくださる企業もありますが、当然のようにため込みます。金額的に一番ため込んでいるのが、クオカードです。コンビニだと割高なので購買意欲がわかないし、ファミレスでもデニーズなどでは使えますが、クオカードは有効期限がないのでわざわざ消費しなくてもいいので、手元に残しておきます。仕事仲間が辞める時に、お餞別であげるようにしています。

ジェフグルメカードも有効期限がないので、手元に大量にあります。外食の時に常に持ち歩いていますが、会計の時にカードで払えばポイントがつくので、ついついカード払いをしてから、ジェフグルメカードで払えば無料だったんだ!!と気が付いて悶絶します。ちなみに、ジェフグルメカードはおつりが出ますよ。

ロバ夫は優待を消費しなければならないという責務が重荷に感じるような性格です。「早く使ってしまえ!」とせっつかれます。

毎年、5月や6月や11月や12月は株主優待の期限が切れる時期です。あせって優待消費のために外食をしまくるのですが、コロナの影響で期限が延長される会社が多いですね。人様のブログに訪問して、マメに情報をチェックさせていただいております。

5月末に期限がきれる、吉野家ホールディングス(9861)が手元に少し残っています。株主優待券600円分を使って、ロバ夫が揚げ物を購入してきてくれました。

ロバ夫は痩せているのに、麺類やご飯やパンなどの主食を食べようとしません。夫婦で麺が好きなので、うどんやそうめんを安いときに大量に購入していました。突然に「グルテンフリーになる」とロバ夫が宣言して、ほとんど食べようとしなくなりました。

職場に、突然小麦粉アレルギーになった人がいます。最初は仕事のストレスだと思って放置していたそうですが、症状がどんどんひどくなり、病院に行ったらまさかの小麦粉アレルギーだったそうです。その人は女性で、家族の分の食事は手袋をして小麦粉料理は作るのですが、自分では食べない(食べられない)そうです。

ロバ夫もネズ妻も麺が好きなので、春雨で代用しています。食費が安くなるので喜ばしいのですが、ロバ夫家の実家に帰った時に、ネズ妻が飯をケチっているのではないのかと、疑われそうです。

ロバ夫
ロバ夫

なんで、早く株主優待を使おうとしないの?

ネズ妻
ネズ妻

持っているだけで、幸せを感じるからだよ

ロバ夫
ロバ夫

いつも、有効期限が近くなると、慌てて消費しているよね

ネズ妻
ネズ妻

それも幸せを噛み締めている行為なんだよ

応援ありがとうございます→ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
優待利用
スポンサーリンク
ネズ妻&ロバ夫

コメント