ステーキって素敵なアトム(7412)

スポンサーリンク
アトム

昔は肉が大好きだったのですが、値段が高くてめったに食べられなかったので、野菜ばかり食べていたら、野菜好きになったネズ妻です。小さい頃に薄っぺらい肉しか食べた経験がないので、いまだにステーキは贅沢品だと思っています。

ステーキの宮を経営しているアトムから株主優待が到着したので、紹介させていただきます。

スポンサーリンク

優待内容

優待ポイント(1ポイント1円に充当)

  権利確定月     3月末日・9月末日
  100株以上  2,000ポイント  (2,000円分)
  500株以上  10,000ポイント (10,000円分)
  1,000株以上  20,000ポイント (20,000円分)
アトム1

株式会社アトムは、全国に店舗があるステーキ宮や、栃木県那須にある 和牛ステーキ 桜や羽田空港にあるカフェ&ビヤレストラン宮などがステーキが食べられるお店です。

焼肉も経営していて、カルビ大将は全国に42店舗あります。味のがんこ炎&がんこ亭は岐阜県と愛知県と三重県にしかありません。

回転すしも経営していて、「にぎりの徳兵衛」に行ってみたいのですが、岐阜や愛知にお店が多く、残念なことに関東にはありません。「海鮮アトム」も福井県のみだし、 「海へ」は三重県の1店舗だけです。

優待券は株式会社コロワイド(7616)と、カッパ・クリエイト株式会社(7421)の対象店舗でも利用が可能です。

優待券を店舗で使えなければ、優待ポイントと引き換えに、各種ギフト商品と交換が可能です。

アトム2

配当金

配当金は100株につき200円(税引き前)がいただけました。

購入金額

アトム3

ネズ妻はアトムの株は独身時代に500株を保有していました。近所にお店がなかったので、店舗で使うことなく優待品と交換していました。以前は10,000ポイントでウナギ3尾があり、交換したら匂いがきつかったので、株を全部売却しました。なんだか寂しくなり、100株だけを950円で買い直して保有していました。

今年の3月10日に、親会社のコロワイドが子会社のアトムの株式の一部を売却することを発表しました。株価は次の日に値下がりしましたが、思ったほど下げませんでした。次の日は値上がりしていました。

この調子ならば、月末の優待権利日までに値段がもどっているだろうと、なんの根拠もなく1,000株を購入しました。優待はいらないので、権利日直前になったら全部を売ろうと思っていたら、あれよあれよという間に下がっていったので、200株をナンピンして、以前から保有していた100株とあわせて、全部で1,300株を保有しています。あと、200株を追加購入して、全部で1,500株にしたら、優待はいくらもらえるのかを調べたら、優待のマックスが1,000株以上だったのでがっかりしました。いつもは優待日がもらえる最低株数しか意識していなかったので、長年の株主だったのに知りませんでした。

優待権利日になっても、値段はもどるどころか下げ続けていたので、ネズ妻の300株を売却することができませんでした。悔しかったので、ロバ夫名義で100株を75,000円で追加購入しました。

アトムの株は優待権利近くになると、100株で100,000円まであがるイメージがあるので、次回に期待したいと思います。ネズミの脳みそで考えることなんて、なんの根拠もありませんからね。頭のいい読者様は、業績などしっかりと調べて自己責任でおねがいしますでチューよ~!

ステーキの宮に訪問

だいぶ前ですが、親孝行でネズ妻の父親を連れてステーキの宮にいってきました。

アトム4

何を注文したのか忘れましたが、ネズ妻のことだから値段があまり高くないステーキだったと思います。タレはもちろん、宮のタレにしました。間違いないおいしさですからね。

ちなみに、ネズ妻の父はここぞとばかりにヒレ肉を注文して、3,000円ほどしたのをしっかりと覚えています。さすがネズ妻の父親、自分の財布のひもは固いが、他人のお金はしぼりとる。血は争えないのだと、我が娘ながら感心しました。

緊急事態宣言があけてすぐの頃です。混雑したら嫌なので、午後の4時に行ったら、半分以上の席が埋まっていました。サラダバーも注文しました。ネズ父はサラダを取りに行くのがめんどくさい様子だったので、ネズ妻が取りにいきました。ビニールの手袋をしてマスクをして取りに行くので、感染対策はしっかりしていると思いました。

サラダバーに杏仁豆腐やフルーツポンチやコーヒーゼリーなどもあったのに、社交辞令でネズ父に「デザート食べる?」と聞いたら、ちゃっかりとパフェを頼んでいました。

つぶやき

ちなみにネズミ家では、外食はめったにしませんが、たまに行くとネズ父は会計のときになると、チューと去っていき、さっさといなくなります。ロバ家で外食をしたときに、全員がお財布を出して、「自分が全額を払う」と言い合って、しばらくは誰も引かなかった姿をみたときは感動しました。お会計が終わっても、未払いの人がお金を渡すために、ポケットやカバンに押し入れようとしていました。

ネズ妻
ネズ妻

ロバ家は優しくて、お金におおらかでチュー

ネズ妻も見習いたいでチュー

お金に縛られない生き方は、どうすれば身につくでチュか?

ロバ夫
ロバ夫

お金は所詮は紙切れ

ネズ妻
ネズ妻

知っているでチュー!大事でチュー

応援ありがとうございます→ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
優待到着
スポンサーリンク
ネズ妻&ロバ夫

コメント